休息するもっさりさん(低)

シベリアンジョーク集積所

更新再開。

当面は航空宇宙やミリタリーの話はしない予定。

2014年11月23日

更新再開に向けて

以前は荒らしや演説に対しても応対していたもさね。
今後は行わないもさ。

事例として4年ほど前のひとつのエントリをインターネットアーカイブに保存されているリンクでお見せするもさ。

https://web.archive.org/web/20101017132555/http://tfr.seesaa.net/article/163426570.html

「どこかの国の短距離弾道弾は脅威ではない」などとはこのエントリには一言も書いてないもさ。

が、コメント欄にはそう読んで「読者のためにそれを追記しないといけない」と熱意を持った人が沸いたもさね。
>この場合の「弾道ミサイル」とは、一体何を想定しているのでしょうか?
>ICBMならその通りでしょうが、ノドンのような中距離弾道ミサイルやスカッドのような短距離弾道ミサイルでも同じですか?私は違うと思いますが・・・
>はっきり言って、地球の裏側を狙うICBMと、域内を狙う中距離以下の弾道ミサイルは別物だと思いますよ。それこそアポロと最近宇宙ベンチャーが取り組んでいる弾道飛行の宇宙観光くらいに。
>こんな↓カプセルで、人間が戻ってこれるんだから、BC兵器だって戻ってこれない筈無いでしょう。
http://www.gizmodo.jp/2010/09/post_7689.html
>で、弾道ミサイルにBC兵器を積む可能性がある国がどこにあるのかを考えれば、「それは難しいから脅威ではない」となりはしないでしょう・・・。

コメント欄は演説をする場所ではないもさ。4年前はこのようなコメントにも対応したり、新規に解説エントリを立てたりしていたもさ。

これは今にして思うと行儀良く読んでいる読者さんをないがしろにする「荒らし優遇」であり、モサ自身にとっても良くないことだったもさね。

2年前に全エントリの公開を停止したのは、過去エントリを読み返していてあまりの徒労感に打ちひしがれたことが理由もさ。


これが「質問」であるなら対応もするもさ。上記でアーカイブを紹介したエントリが判りにくい、そもそも意味不明だという指摘は受け付けるもさ。
出来る範囲で対応もするもさ。
また、上記コメントをつけた人が追記したように「これが漏れているのでは」と言う指摘なら対応もできるもさ。

たとえば

>なぜこんな書き込みをしたかというと、
>> そんなわけで、弾道ミサイルに化学兵器や生物兵器を載せることは難しいもさ。
>というのがこの記事の結論だと読めるのですが、実際MGM-29にM139 sarin bombletsが搭載されていた事例があり、それを知らない人が「だから無理なんだよ」とミスリードされてしまう可能性があると思ったからです。
>射程120km程度のMGM-29は該当しないのだろうとは思いますが、射程を明らかにせず、
>弾道ミサイルを全て一括りに記述しているように見受けられましたので。

と「誤読の余地があるかも」と書くのならば、モサとしても知識が及ぶ範囲で対応は出来るもさ。

が、モサの出来ることには限度があるもさ。
「エントリに書いた覚えのないこと」をコメント欄で主張しそれに対して駄目出しをする類の書き込みには対応できないもさ。

また、語尾に「草を生やす」(wをやたらと付ける)とか(笑)とか書く人に対しても過去には鷹揚に対応していたもさが、今後は書き込み禁止以外の対応をしないもさ。
posted by 軍事板の筆頭もっさり TFR ◆IBMOSAtBIg at 14:24| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、もっさりさんも大変ですね。
自分はもっさりさん以外はほとんど無視して読んでいるので、そこまで気にしてませんでした。もっさりさんの話はためになるので荒らしや演説でもっさりさんが手を止めるなら、非常にもったいない話ですね。
荒らしや演説に負けないでほどほどにがんばってください。またお体にも気をつけてください。
Posted by ヤマコ− at 2014年11月23日 22:48
ご無沙汰もさ
再開うれしいもさ
Posted by 名無しステルス at 2014年11月29日 14:46
復活お待ちしておりました。
過去のエントリも大変面白いお話ですので、残していただけるとありがたいです。
Posted by c130hkt at 2014年12月15日 00:06
お疲れ様です、のんびり気ままにやっていただけると嬉しいです
のんびりもさもさ
Posted by 棒人間ひろ at 2015年01月26日 23:50
師匠には是非ともF-3について解説していただきたいなぁ。
昨日?産経の記事でF-3のエンジンの目処が立ったとありましたけど・・・。
Posted by AKB at 2015年03月19日 07:50
>F-3について
コメント欄が荒れる
トリミングされてあちこちにコピペされる
の2点が必至と考えています。

ですから、書きたくありません。

以前に書いていたステルスとか航空無線のお話も、同様に書きたくありません。

率直に言えば読者様に対する恐怖と不信が未だに抜けてないのです。
Posted by もっさりさん(ブログ主) at 2015年05月10日 21:47
はじめまして。kabukouと申します。
現在Twitterでフォローさせて頂いており、tweetを読ませて頂いております。私のアカウントは完全に読む専ですが・・・
無線もアイスホッケーもド素人ですが、以前は旧HPのエントリ更新を楽しみにしていた一人です。
以下勝手にモサ師匠と呼ぶことをお許し下さい。今回コメントさせて頂いたのは、感謝も形にしなければ伝わらない、と思ったからです。
そう申しますのも、旧HPがあった頃「私の感想や質問などモサ師匠の時間を無駄にするだけ」だと思い、遂に一度もコメントを書き込むことはありませんでした。
その後モサ師匠が嵐への対応に苦慮されHPを閉じられた時(当時noisy minorityの存在によって活動を中止してしまった方が数人おられた事も重なり)、大変ショックを受けました。
モサ師匠言う所の「行儀良く読んでいる読者さん」(だと自分では思っている)の私達が沈黙していた所為で、モサ師匠からすれば殆どの読者がnoisyに見えてしまったのではないだろうかと考えています。

今現在Twitter上では航空機の運動性と対レーダーステルス性を切り分けて論じる者が息巻いて居る様です。モサ師匠の旧HPのエントリを読む前の私なら、コロっと騙されていたかも知れません。ですが今の私には彼らがレーダーのレの字も知らずに話をしているのが分かります。また最近のtweetである機上無線の話題も、大変興味深く拝読させて頂きました。

何度読み返しても内容の無いコメントだとは思いますが、多くの読者は私と似たような者達なのではないかと思います。写真集と揶揄される様な雑誌が跋扈する軍事界隈で、モサ師匠のエントリが無料で読めることの方が不自然です。いずれ気が向かれた時にエントリの更新をして頂ければ、一読者として幸いです。
Posted by kabukou at 2016年09月18日 21:58
>kabukouさま
暖かいコメントありがとうございます。しかし、未だに読者様への恐怖と不信感、憎悪が抜けないので更新再会がいつになるかは判りません。

Posted by TFR_BIGMOSA(ブログ主) at 2016年12月06日 20:34
いつか、「サイレントマジョリティ」を「荒らしの消極的加担者」ではなく「お行儀よく読んでいる読者」と認識できる日が来るかもしれません。アテにせずお待ちください。
Posted by TFR_BIGMOSA(ブログ主) at 2016年12月06日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。